院内感染対策

診察の際の感染防止

歯科医師やスタッフが治療のときに使用する手袋は、必ず患者様ごとに使い捨てのものを使用しています。また、コップ、エプロン等も、すべて使い捨てを使用しています。

また、手袋をする前後には、殺菌消毒剤、即乾性擦式手指消毒剤で手洗いをし、使い捨て紙タオルを使用しています。

医療器具に関する感染防止

ホルホープデンタル(実物写真)

ホルホープデンタル

高圧蒸気圧滅菌器(実物写真)

高圧蒸気圧滅菌器

口の中で使用する器具で、繰り返し使うものについては消毒ではなく必ず滅菌(すべての微生物を化学的、物理的手段で殺滅し、無菌状態とすること)をしてから次の患者さんに使用しています。歯を削る器具も、もちろん滅菌されています。熱に強い金属の器具については、高圧蒸気圧滅菌器(オートクレーブ)を使い、121℃の蒸気で20分間かけて完全に滅菌しています。熱に弱い矯正器具・ゴム製品・シリコン製品・ガラス製品の滅菌には最新のホルマリンガス滅菌器、ホルホープデンタルを使い滅菌しております。

ホルマリンガスは強力な殺菌作用を持ち、なおかつ機材を傷めることはありません。また、消毒した機材にはホルマリンが残らないので使用する際には人体への害もなく、肝炎ウイルスやエイズウイルス、MRSAといった強力なウイルス・細菌に対しても効果があります。

このように当院では すべての器具を滅菌しておりますので、安心して矯正治療をお受けください。