当院の特徴

“見えない” “目立たない” 治療への取り組み

現在矯正歯科治療に興味を抱いておられる方の最大の心配事項として、やはり矯正装置が目立つのが嫌ということがあると思います。

その様な方の為に当院ではなるべく目立たない装置・全く見えない装置を使用することに最大限の努力と最新の材料をとりそろえております。

具体的には透明ブラケットはもちろん、銀色でないホワイトワイヤー、表側につけない裏側のブラケット(当院の裏側ブラケットは小型で異物感が少なく、歯の動くスピードが早いクリッピーLを使用)、歯を抜いた部位への仮歯の使用など、患者様のニーズに合わせ矯正専門医ならではの知識と技術を最大限に還元させております。


より正確で的確な診断のために~歯科用デジタルX線CTの採用~

3次元画像での撮影が可能。
アールエフ社製 歯科用デジタルX線CT『NAOMI-CT』を導入しております。

NAOMI-CTの実物写真

アールエフ社製の歯科用デジタルX線CT
『NAOMI-CT』

歯科用3次元CTは従来の2次元レントゲン画像では比べ、立体的に口腔内の状況を詳細に把握することが可能で、歯の土台である歯槽骨形態、歯周病による骨への影響、過剰歯や親知らずの位置・方向の状態、顎関節の状態、歯根の膿、腫れや炎症、神経の走行位置等々の情報を得ることができます。今まで見えなかった、もしくは見えにくかった箇所が詳細に把握することが可能となり、より的確な診断が行えるようになりました。

また当院の歯科用CTはデジタルの為、X線量も少なく医科用レントゲンの1/24となり、安全性にもかなり配慮されております。歯科医院における歯科用CTの導入はまだ2%ほどですが、当院は患者様の為、早々に導入致しました。

CTスキャン画像

正確な治療へのこだわり ~インダイレクトボンディング法の採用~

歯を正確に動かして美しい歯並びにするには、歯の表面に装着するブラケット装置の正確な位置決めが非常に重要です。しかし従来の口腔内で直接つける方法(ダイレクト法)では、直視することが困難な歯にブラケットを装着するとき、その位置決めに多大な時間と労力を必要としてきました。

ブラケットを装着した歯の模型

模型上にて正確に位置づけられたブラケット

しかし、インダイレクト(間接的)ボンディング法では、ブラケット装置を直接歯につけるのではなく、あらかじめ作成した患者さまの歯列模型上でブラケット装置を正確に位置決めし、その状態をトランスファー用コアによって患者さまの口腔内に装着するため、より正確なブラケットの装着を実現することが出来るのです。また時間が約50%にも短縮され、長時間にもわたってお口を開けた状態の「苦痛」から解放されるようになりました。当院では開業以来一貫してこの方法を採用し、より質の高い矯正治療を患者さまに提供しております。

アゴの関節(顎関節)への配慮

現在、顎関節に何らかの問題(カクカク・コリコリ音が鳴る、痛みがある、口が開きづらい、もしくは開かなくなった事があるetc…)を抱える方が多くなっております。特に若い女性の70~80%は上記の症状を経験したことがあると言われています。

顎関節症の原因は様々で一概には言えませんが、当然歯並びが原因で発症する場合があります。そのような患者様の矯正治療には特に専門的な技術と知識が必要になってきます。

技術と知識の乏しい一般歯科等の病院で安易に矯正治療を行うことにより、かみ合わせどころか顎関節症も悪化させてしまうケースは多々あります。

咬合器(実物写真)

写真1 咬合器

当院では矯正歯科界において世界的に有名な臨床家である故Dr.Ronald H .Rothの考えに基づき、顎関節症の方もしくはその既往がある方には、咬合器(写真1)とC.P.I.(Condyle Position Indicater)(写真2・3)による顎関節の検査、顎関節のX線撮影を術前に行なっております。

そしてその結果を診断と治療計画に反映させ入念に矯正治療を進めて行きます。

このように顎関節を配慮した矯正治療には多くの経験と技術を必要とします。

「料金が安いから」「近いから」等の理由で矯正歯科専門医以外での矯正治療は非常に危険であると言えます。

CPI(実物写真)

写真2 CPI

CPIデータ

写真3 顎関節の状態を示すCPIデータ

抜歯か非抜歯か

最近では必ず非抜歯で治療する事を売りにしている歯科医院もあるようですが、矯正歯科専門医からの意見をはっきり言わせていただければ、その様な治療はありえません。

確かに装置をつければある程度無理やり並べることは誰でも可能です。しかし、咬み合わせが矯正前より狂ったり、口元がより出っ歯になり口を閉める事も出来なくなったり、装置を外した後すぐに元のガタガタに戻ってきてしまうなど、歯を抜く事より、抜かない事によるデメリットの方が大きい事が多々あります。

当院では多くの検査とそれに基づいた的確な診断により、抜歯・非抜歯の判定を行っております。基本的には非抜歯を再優先として治療計画を立てますが、治療期間の短縮、横顔への影響、顎関節への配慮といった様々な観点と豊富な経験・技術から、抜歯するか非抜歯にするかを御提案し決めていただいております。

健康保険による矯正治療

矯正治療は保険が利かない自費診療のみと思われている方が多いのですが、都道府県による認可を必要とする自立支援指定医療機関・顎口腔機能診断医療施設である当院では厚生労働省の認める疾患(顎切を必要とする顎変形症・口蓋裂・Down症etc…)には装置代から手術・入院まで全ての期間で健康保険が適用されます。

歯が並ぶ土台(上顎骨と下顎骨)のズレによる咬み合わせ不全や、顎が出ている・曲がっていることでお悩みの方は、安易に美容整形外科(全て保険対象外:自費でウン百万かかるところも…)等にかかるのではなくまずは矯正歯科専門医院での相談をおすすめいたします。