アンカースクリューとホワイトニング



歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

ヘッドギアーの装着写真

ヘッドギアー
(従来の矯正治療)

いままでの矯正治療では、歯を効率的に移動するために、ヘッドギアー等の顎外固定装置が広く使われてきました。しかし、ヘッドギアーを用いての矯正治療を成功させるためには、患者さんがヘッドギアーの使用に協力的であることが重要で、非常に負担を強いるものでもありました。また、一日中装着したままにはできないので、使用時間 も限られ、効率的に歯を動かすことはとても困難でした。

「歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療」とは、矯正用に作られた小型のチタン製ネジを顎の骨に埋め込み、そのネジを固定源として歯を動かす治療方法で、近年急速に発展・発達した方法です。この歯科矯正用アンカースクリューを治療に取り入れることにより、ヘッドギアー等を用いる従来の方法よりも効率的・短期間で歯を動かすことができ、そしてなによりも患者さんの負担を劇的に減らすことが可能となりました。

症例:1

インプラント矯正開始時の写真(症例1)

出っ歯の患者さんに、歯科矯正用アンカースクリューを骨に埋め込み、ゴムで前歯を後方に移動しています。

症例:2

インプラント矯正開始時の写真(症例2)

舌側矯正治療にもよく用いられます。口蓋部に埋め込んだ歯科矯正用アンカースクリューからゴムで前歯を後方に移動しています。

歯科矯正用アンカースクリューは非常に有効な方法ですが、デメリットもあります

全ての装置に言えることですが、当然デメリットもあります。

まずアンカースクリューを骨に埋め込むときに、麻酔の注射(抜歯時の1/4程度と少量です)が必要となります。また、口腔内を不潔にしていると細菌感染等によりぐらぐらしてきたり、抜けてしまうことがあります。

術式の問題や患者さんの骨の質などで変わってきますが、成功率は90%前後と言われています。またアンカースクリュー周囲も歯と同様しっかりと磨くことが大切です。

アンカースクリューの適応年齢ですが、小学生以下ですと骨が柔らかく打てません。通常は中学生くらいから使用可能と言われています。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、着色してしまった歯の表面を専用ジェルによって白くするシステムで歯を削ることなくご家庭で安全にお手入れができます。

矯正治療により美しくなった歯並びをさらに白くして、美しさに磨きをかけてみてはいかがでしょうか?

ホワイトニングシステムのながれ

  1. ホワイトニングについての説明を致します。

    当院で行います

    口腔内全体の検診、注意事項の説明、色調の確認・記録

  2. 前処置として歯垢除去と清掃を行います。

    当院で行います

     

  3. マウストレー製作のため歯型をとります。

    当院で行います

    口腔内全体の検診、注意事項の説明、色調の確認・記録

  4. 自宅でのホワイトニングを実施してください。

    ご自宅で行います

    指導のとおりマウストレーに専用ジェル注入して歯にはめます。

    自宅でのホワイトニングを説明したイラスト

  5. 経過を観察してください。

    ご自宅で行います

    個人差がありますので歯科医師の指示のもとスケジュールに従ってください。

    ※期間は最長2週間です。

適応症例

  • 加齢による変色歯(黄ばみなど)
  • コーヒー、茶、タバコなどによる変色歯(歯面研磨材で除去できない歯)
  • 色素生成細菌による変色歯(歯面研磨材で除去できない歯)
  • 全身疾患に由来する変色歯(着色が軽度で形成不全を伴わない歯)
  • ※全身疾患による変色歯とは、テトラサイクリンによる変色歯(F1、F2程度)、フッ素、ヘマトポルフィリン症などによる変色歯が該当します。
  • ※症例によって効果には差が生じる場合があります。

ホワイトニングのデメリット

  • 知覚過敏を生じることがある
  • 人によっては、歯の色が後戻りするのが早いことがある。
  • 健康保険が適用されず全額自己負担になる