矯正装置とホワイトニング



インプラント矯正

矯正期間と患者さんの負担を大幅にカット

ヘッドギアーの装着写真

ヘッドギアー
(従来の矯正治療)

矯正用ミニインプラントの実物写真

矯正用
ミニインプラント

いままでの矯正治療では、歯を効率的に移動するために、ヘッドギアー等の顎外固定装置が広く使われてきました。しかし、ヘッドギアーを用いての矯正治療を成功させるためには、患者さんがヘッドギアーの使用に協力的であることが重要で、非常に負担を強いるものでもありました。また、一日中装着したままにはできないので、使用時間 も限られ、効率的に歯を動かすことはとても困難でした。

「インプラント矯正」とは、矯正用に作られた小型のインプラントを顎の骨に埋め込み、そのインプラントを固定源として歯を動かす治療方法で、近年急速に発展・発達した方法です。この「インプラント矯正」を治療に取り入れることにより、ヘッドギアー等を用いる従来の方法よりも効率的・短期間で歯を動かすことができ、そしてなによりも患者さんの負担を劇的に減らすことが可能となりました。

症例:1

インプラント矯正開始時の写真(症例1)

出っ歯の患者さんに、インプラントを骨に埋め込み、ゴムで前歯を後方に移動しています。

インプラント矯正終了時の写真(症例1)

ヘッドギアーを使うことなく、確実・短期間で前歯が後方に引っ込みました。この後インプラントは撤去します。

症例:2

インプラント矯正開始時の写真(症例2)

裏側からの矯正治療にも威力を発揮します。口蓋部に埋め込んだインプラントからゴムで前歯を後方に移動しています。

インプラント矯正終了時の写真(症例2)

前歯がしっかりと後方に移動し、隙間も閉じました。この後インプラントは撤去します。

インプラント矯正の利点

  • ヘッドギアなどのわずらわしい装置が不要になります。
  • 歯を、効率的に動かすことができるので、治療期間の短縮ができます。
  • 矯正治療の幅を広げ、従来できなかったことができるようにないます。
  • 妥協せず、理想的な状態を目標にできます。
  • 歯を抜く可能性を低くする事ができます。
  • 外科併用矯正治療の可能性を低くすることができます。
  • 顎変形症にも対応可能です。
  • 矯正用インプラントの材質には、人体に一番親和性の高いチタンが用いられているので、金属に敏感な方でも安心です。

効果のある矯正治療例

ガミーフェイス

… 笑ったときに歯茎が見える状態

ガミーフェイス(治療前)
ガミーフェイス(治療中)
ガミーフェイス(治療後)

開咬

… 一般的にかんだ時に前歯がかみ合わない状態

開咬(治療前)
開咬(治療中)
開咬(治療後)

プレオルソ

プレオルソ(http://www.preortho.info/use/)とは、主に小児(6~10才)の骨の軟らかい時期に使用する、取り外し可能なマウスピースで、様々な不正咬合(上顎前突、過蓋咬合、開咬、反対咬合等)に対応した種類があります。材質はシリコン由来の軟らかい素材を使用しており、装着感が良く素材のにおいもないので、小さなお子様でもすぐに慣れることができます。装着時間は家にいる時と就寝時で十分です。また、プレオルソは「咬みあわせ・歯ならび」を改善すると同時に、機能的側面である「口呼吸から鼻呼吸へ」・「舌を正しい位置へ」と改善する作用にも優れています。

type-3
type-2
type-3

ムーシールド

ムーシールド実物写真と装着イメージ図

ムーシールドとは、東京の調布矯正歯科クリニックの柳澤先生が考案した、3~4歳時から使える、受け口(反対咬合)用のマウスピースです。

受け口は舌の位置が低く、下あごを前に押し出すように筋肉の圧力が働きます。このような場合、ムーシールドによって舌の位置を上げ、口の周りの筋肉を正常化することで、上あごの成長を促し、下あごの成長を抑えることができます。

対象年齢は3~6歳。装着は寝ている間だけで済みます。

症例

ムーシールドの症例(治療前)

治療前の受け口

ムーシールドの症例(治療後)

ムーシールドで改善された歯並び


ホワイトニング

松風ハイライトシェードアップの実物写真

ホワイトニングとは、着色してしまった歯の表面を専用ジェルによって白くするシステムで歯を削ることなくご家庭で安全にお手入れができます。当院ではホワイトニングも積極的に行っております。

特に矯正治療後のホワイトニングには大幅な割引が適用されますので、矯正治療により美しくなった歯並びをさらに白くして、美しさに磨きをかけてみてはいかがでしょうか?当院でのホワイトニングシステムは、日本人用に開発され、ご家庭で手軽にかつ安全にできるホームホワイトニングシステム、「松風ハイライトシェードアップ」を採用しております。

症例

ホワイトニング 仕様前写真
ホワイトニング 仕様後写真(1)
ホワイトニング 仕様後写真(2)

ホワイトニングシステムのながれ

  1. ホワイトニングについての説明を致します。

    当院で行います

    口腔内全体の検診、注意事項の説明、色調の確認・記録

  2. 前処置として歯垢除去と清掃を行います。

    当院で行います

     

  3. マウストレー製作のため歯型をとります。

    当院で行います

    口腔内全体の検診、注意事項の説明、色調の確認・記録

  4. 自宅でのホワイトニングを実施してください。

    ご自宅で行います

    指導のとおりマウストレーに専用ジェル注入して歯にはめます。

    自宅でのホワイトニングを説明したイラスト

  5. 経過を観察してください。

    ご自宅で行います

    個人差がありますので歯科医師の指示のもとスケジュールに従ってください。

    ※期間は最長2週間です。

適応症例

  • 加齢による変色歯(黄ばみなど)
  • コーヒー、茶、タバコなどによる変色歯(歯面研磨材で除去できない歯)
  • 色素生成細菌による変色歯(歯面研磨材で除去できない歯)
  • 全身疾患に由来する変色歯(着色が軽度で形成不全を伴わない歯)
  • ※全身疾患による変色歯とは、テトラサイクリンによる変色歯(F1、F2程度)、フッ素、ヘマトポルフィリン症などによる変色歯が該当します。
  • ※症例によって効果には差が生じる場合があります。