なぜ矯正歯科専門なのか

矯正歯科は非常に専門性が高い分野です。

セファロ分析モニター表示画面

セファロ分析

現在の医療法においては、歯科医師の国家試験に合格しさえすれば専門知識が乏しくても診療科目として、矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科を診療科目として掲げる事が可能です。

しかし矯正歯科の場合は他の科と違い非常に専門性が高く、またセファロ分析(右写真)といった高度な分析技術と診断能力及びそれを反映させる治療技術を必要とされます。

そのため、矯正歯科のスペシャリストである日本矯正歯科学会認定医になるためには、最低7~8年かけて大学病院の矯正歯科や様々な矯正歯科関連の学会に所属しながら、診断と治療技術のトレーニングを重ねつつ、矯正技術の「研究論文」と「資格試験」に合格する事が必要なのです。

さらに認定医の上位資格で治療技術の優秀性を証明する、日本矯正歯科学会専門医を取得するには、最低12年以上かけて認定医よりも難易度の高い資格試験に合格する必要があります(詳しくは認定医・専門医とは?をご覧ください)。

矯正治療は、矯正歯科専門医院での受診を強くお勧めします。

ここ数年、独学による自己流、または2~3日の講習会等で矯正治療を始める一般歯科・小児歯科医が増加した事により、私たち矯正歯科専門医から見ると非常に稚拙な診断と治療技術のため、「抜く必要の無い歯、もしくは抜いてはいけない歯を抜いていた」、「矯正治療前よりも咬み合わせが悪化していた」、「顎関節症を発症した」、「治療期間が非常に長くなった」等々の苦情が年々増加してきています。ただ、中には一般歯科医・小児歯科医で矯正歯科治療もきちんとできる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、矯正歯科医は100人の患者さんを診たら、100人全員が矯正歯科の患者さん。100時間勉強したら100時間矯正に関する勉強をしているわけですから、矯正歯科患者が数%しかいない一般歯科・小児歯科の先生との違いは小さくないはずです。

以上のことから、矯正治療を考えておられる方、ご検討中のお母様・お父様は、一度矯正歯科専門医院での相談を受けられる事を強くお勧め致します。