見えない・目立たない治療


見えない治療

従来の装置とクリッピーLを比較した写真

近年における矯正装置の進歩は目覚しく、見た目に関しても一昔前の装置と比較すると、ずっと小さく、目立たなくなりました。しかし歯の表面につける方法ではいくら目立たなくなったとは言え、完全に見えないわけではありません。「矯正治療を受けたいが、装置が見えるのがイヤ」、「人知れず矯正治療を受けたい」といったご希望の患者様に対して、当院では歯の裏側に装置をつける舌側(ぜっそく)矯正をお勧めしております。

裏側矯正装置クリッピーLの写真

当院の舌側矯正装置は最新の裏側矯正装置クリッピーLを採用しております。従来の装置と比較して、クリッピーLサイズが薄く、小さく、丸みを帯びたデザインであるため、「話しにくい」「食事がしづらい」「歯が磨きづらい」といった今までの裏側矯正最大の欠点が飛躍的に改善され、どなたでも他人に気付かれる事なく快適に舌側矯正治療を受ける事が出来るようになりました。

また、クリッピーLは歯が動きにくくなる最大の原因であるワイヤーと矯正装置との間に生じる摩擦を極力少なくするローフリクション構造であるため、治療期間の短縮も期待できます。

装置装着時の写真

装置装着時

装置装着時から3ヶ月後の写真

3ヶ月後

目立たない治療

当院において歯の表面につける矯正装置(ブラケット)は透明で目立たない装置を採用しております。また、歯をきれいに動かすワイヤーも従来の銀色のワイヤーだけで無く、歯の色に近い色でコーティングされたワイヤーを使用しますので、より目立たない矯正治療が可能となりました。

金属ブラケット装着時の写真

金属ブラケット

審美ブラケット&ホワイトワイヤー、同時装着時の写真

審美ブラケット&ホワイトワイヤー

保定装置(後戻りを防止する装置)

当院ではマルチブラケット装置を外した後に使う保定装置にも、以下のように見えない・目立たない装置を使用しています。従来のように目立つ装置は使用しておりませんのでご安心ください。

従来の保定装置を装着した写真
従来の保定装置
従来の保定装置。表側のワイヤーが目立ちます。
Essix 保定装置を装着した写真
当院にて採用のEssix 保定装置
当院で採用しているEssix保定装置(上顎に装着)は、歯列全体を覆うマウスピースタイプです。
Essixは非常に透明性が高く、全く目立ちません。また、人工関節と同じ材質なので、薄くても非常に丈夫です。

症例

症例に応じて、歯の裏側に固定する保定装置を使う場合もあります。
この場合裏側にワイヤーを装着いたしますので、表からは全く見えません。

上顎の写真

上顎

正面の写真

正面

下顎の写真

下顎

インビザライン

透明なマウスピース(インビザライン・アライナー)を使用する最先端矯正治療です。3Dコンピューター画像技術により、患者さんの症例に合わせてオーダーメイドされます。

透明なプラスチック製なので、治療中であっても目立ちませんし、取り外しが可能でとても衛生的です。金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を受けられます。

治療の進行状況に合わせてアライナーを順次交換(約2週間ごと)することにより、理想の歯並びへと矯正していきます。

インビザラインで理想の歯並びと笑顔を手に入れてみませんか?

インビザライン・アライナーの実物写真

インビザライン・アライナー

従来の矯正器具とインビザラインの比較写真

従来の矯正器具/インビザライン

症例1

使用されたインビザライン・アライナー数:19個

治療前の写真(歯と歯の隙間)

歯と歯の隙間

治療開始から9ヶ月後の写真

9ヶ月後

症例2

使用されたインビザライン・アライナー数:14個

治療前の写真(でこぼこした歯並び)

でこぼこした歯並び

治療開始から7ヶ月後の写真

7ヶ月後

  • ※治療期間および使用されるインビザライン・アライナー数は症例により異なります。
  • ※症状によってはワイヤー器具を用いる場合がございます。詳しくは医師とご相談ください。
    インビザラインについての詳細はこちらをご覧ください。