認定医・専門医とは?

日本矯正歯科学会が認定する資格には、「認定医」と「臨床指導医」の2つがあります。

日本矯正歯科学会認定医について

認定医の資格は、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において5年以上にわたり相当の臨床経験を有し、学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表し、かつ審査に合格した者に与えられます。

更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や発表および学術誌における報告を行うことが義務となっています。

日本矯正歯科学会臨床指導医(旧専門医)について

臨床指導医はさらに高いレベルの資格として位置づけられ、その取得には認定医資格は必須条件で、臨床試験として現代矯正歯科医療における代表的な症例の提示と試問審査に合格することが必要です。

また患者様の同意書が必要とされるなど審査は不正が許されないよう厳正に行われ、症例の治療結果も極めて厳格に評価されています。更新には5年毎に症例を報告し、審査に合格することが必要となっています。

そして日本矯正歯科学会では、認定医および臨床指導医をめざす歯科医師の模範となり、その育成と臨床研修を援助できる者を「学会の専門医」としています。

現在、日本矯正歯科学会の会員約7000人のうち、3000人が認定医の資格を取得しています。臨床指導医取得者は300人程が資格を取得しています。

  1. 社会人としての良識、医療人として高度な医療倫理観を持つ。
  2. 矯正歯科医として絶えず自己研鑽を積む。
  3. 矯正歯科認定医および臨床指導医を目指す歯科医師の育成、臨床研修の一端を担う。
  4. 矯正歯科医療について国民に積極的に情報提供を行う。
  5. 国際的視野を有し、矯正歯科医療の発展のために奉仕する。

(公益社団法人日本矯正歯科学会臨床指導医制度規則 第5条)