認定医・専門医とは?

日本の歯科医師法によりますと、歯科医師免許を持つ者は一般歯科、矯正歯科などあらゆる分野を自由に治療することが認められています。しかしながら今日のように医学が様々に細分化してきますと、たとえば皮膚科の医師にとっては眼科のことはほとんどわからない(治療に関してという意味です)というのと同じで、一般歯科にとって矯正治療はほぼ、無知の分野といえるのが現状です。また、一般歯科治療におきましても、歯周病、再生歯科、インプラント、顎関節症の治療など細分化、専門化が年々進んでおり、それぞれの最先端治療は各科の専門医でなければ難しいというのが現状です。となりますと、各科の専門医の育成には、時間と教育のための労力が必要となりますし、歯科医師の技術と経験の達成段階の評価も必要となってきます。つまり、「自称専門医」が巷にあふれるようでは、質の低下につながりますので各学会は認定医、専門医の育成に力をいれています。

日本矯正歯科学会の認定医・専門医制度は、矯正歯科医の技術と経験を認定し、資格証を発行することにして、これを基に広く患者の皆様に矯正歯科医を選ぶための基準とするものです。この制度は、日本のその他の専門認定制度に比べてもその基準が厳しく、高い技術と経験が要求されています。

日本矯正歯科学会認定医(最も基本的な資格)を取得するには

  1. 歯科医師免許取得後、5年以上継続して学会会員であること

    矯正歯科医として技術と経験を身につけるには、最低5年は必要であるという判断からです。

  2. 学会指定研修機関において5年以上矯正歯科研修を修了したもの

    矯正の修行はどこでしても良いと言うことではなく、きちんと資格がある指導者についた上で、相当数の治療例を経験しなければならなく、5年の研修期間は、最初の2年の基本研修期間(各大学の歯科矯正学を教える医局)と、その後の3年間の臨床研修期間に分けられています。

  3. 学会の認めた学術刊行物に矯正歯科臨床に関する報告を発表したもの

    この条件は腕さえ磨けばよいと言うことではなく、矯正歯科を学問として見る目も養うという意味が込められています。また、どういう発表 でも許されると言うことではなく、査読といって内容をきちんと吟味して採否や修正を決める委員会が、きちんと機能している本や雑誌にしか発表は認められていません。

日本矯正歯科学会専門医(治療技術の優秀性を証明する資格)を取得するには

認定医の中で特別に技術と経験が優秀であるものを選抜して、日本矯正歯科学会専門医という制度を敷いています。日本矯正歯科学会専門医を取得するには次の条件が必要です。

  1. 日本矯正歯科学会認定医資格を有する歯科医師

    専門医は認定医の中から選ばれるので、いきなり専門医にはなれず、まず認定医になり治療技術と経験を磨かなければ専門医にはなれないということです。

  2. 12年以上継続して学会会員である者

    専門医として十分な経験を積むには、最低このくらいの期間が必要ということです。幼児の骨格性反対咬合の治療などは、長ければ10年単位で考えなくてはなりません。矯正治療はやはり年月が人を成長させる部分が大きいのです。

  3. 学会の定めた10種類の課題症例を自分で治療し、全ての治療結果が学会の定めた基準を満たして合格すること

    上記二つは条件としては当たり前で、認定医でそれなりの年齢になれば満たされる条件ですが、この10種類の課題症例を治すという条件が最大の難関です。一つ一つの症例が条件的に厳しいものが多く、しかも治した経過だけをレポート にするだけではなく、治療前後の比較と治療後2年以上経っても良好な状態で維持されているという証拠を、すべて提出しなければなりません。石膏模型、写真、レントゲン写真などがすべて完璧な形でそろっていなければ、審査してもらえません。加えて提出する症例は自分で治したことを証明し、そのことに対するご同意を患者様から書面でいただかなくてはならないという条件まで付いています。つまり、良く治ったケースを別の先生から譲ってもらったり、患者様に黙って資料を提出したりと言うことは絶対にできないようになっているわけです。

  4. 過去10年以内に学会の定めた刊行物、または学術集会において矯正歯科に関する発表をした者

    治療技術に優れているだけでなく、矯正を学問としてみる目があり、なおかつ人に論理立てて説明する能力があることを証明するための条件と考えられます。

日本矯正歯科学会における認定医・専門医の割合

日本矯正歯科学会における認定医・専門医の割合 三角グラフ

2017年4月現在で日本矯正歯科学会の会員約6,500人のうち、認定医は全国で約3,100人おります。専門医となると、全会員数のわずか5%の306人と激減し、認定医より高度な医療技能と経験ならびに専門知識を有する一部の者しか取得できないことがわかります。また、専門医とは認定医を目指す歯科医師の臨床研修を指導する立場にもあります。