早期(小児)治療のメリット

学童期に行う小児矯正治療は歯のはえかわり、顎骨の成長を利用する事のできる唯一の時期です。このタイミングで矯正治療を始めてあげることにより、得られるメリットは以下のようにたくさんあります。

  1. 抜歯の可能性が減ります。

    顎を広げたり顎の成長を促す事により、抜歯の可能性を減らせる事ができます。成長後矯正治療をした場合2~4本の永久歯抜歯が必要な場合でも、小児期から矯正治療を行う事により非抜歯にて治療が可能になる確率が高くなります。

  2. 仕上がりが良くなります。

    歯の大きさが極端に大きく、いずれ抜歯が必要となるケースであっても、矯正治療の仕上がりが変わってきます。顎の成長をバランスよく保つ事により、矯正がより良く仕上がります。

  3. 顎の曲がりの程度を減らす(もしくは無くす)ことができます。

    顎骨の成長期においてアンバランスな噛み合わせとなっている場合、放置する事によりより変形の程度が強くなることがあります。小児期は噛み合わせを改善することにより顎変位が改善する可能性が成人よりも高くなっております。また、成長が残っている段階で改善してあげる事により 、顎の成長のバランスもとれ、顎の成長により偏位(曲がり)自体が改善される可能性も十分あります。

  4. 手術の可能性を減らす事ができます。

    歯の生え変わりの時期に歯の傾きが原因で受け口になっている場合、放置する事により悪い傾きの歯にそって顎が成長し、成長が止まる頃には顎のずれが大きくなりすぎて改善には顎の手術を併用した矯正治療が必要となることがあります。あらかじめ噛み合わせを治す事により噛み合わせのバランスのとれた顎の成長が起こり手術の必要性が減少します。

  5. 歯にくっついたままの装置(固定式装置)を付ける期間を減少する事ができます。

    あらかじめ小児矯正時期に歯並びを改善する事により、本格矯正が必要となった時、治療期間を短くすることができます。

  6. 歯並びが悪くはえてくる状態を減少させます。

    乳歯の抜歯タイミングをコントロールする事により、悪い方向にはえる原因を減少させ、噛み合わせを良い状態に導きます。

  7. 歯、顎への負担の減少

    早期に歯並びを改善する事により、生え変わり時期の悪い噛み合わせを原因とする極端な歯のすり減り、顎への負担を減少させます。

  8. コンプレックスの解消

    早めに目立つ部分の歯並びを改善してあげる事によって、からかいやいじめの対象となっている状態を改善しコンプレックスを解消する事により、健全な精神発達の環境を整えてあげる事ができます。